1. 私は「安心だ」という情報も「危ない」という情報も【いつ・どこで・誰が+どんな目的で】発信したかをできる限り確認するようにします。今は私も多くの方もストレス状態。無意識に心(脳)をストレスから守ろうとします。自分が信じたい情報に飛びついたり、都合よく解釈しがちです。まず深呼吸☆


     


  2. 環境団体は、おそらくいわれなき道徳的権限によって、炭素排出抑制こそが人類最大の課題だと長年主張してきた。風力と太陽エネルギーでどうにか差を穴埋めできると主張するという、現実逃避を選択していない環境団体は、化石エネルギーの唯一の代替エネルギーが原子力であることを冷静に認識してきた。

     こうした環境団体は、一夜明けたらどういう立場に立っているのだろうか。温室効果ガスの二大生産国であり、急成長中の中国とインドには、計画中や建設中の原発が何十基もある。民主国家であるインドは、日本の震災への政治的反応によって方向転換する機がとりわけ熟している。環境保護主義者は、もし自らの地球温暖化のレトリックを信じているとすれば、現実主義的な原発支持をやはり表明するのだろうか。それとも、資金調達が容易でメディア受けする反原発のパニックに加わることになるのだろうか。

     われわれにはすでにその答えが分かっているのではないか。世界が二酸化炭素排出量の協調的削減に取り組むというありそうもない事態においては、原子力が鍵だった。良くも悪くも、この可能性が今や消え去ったと考えるべきだろう。



     


  3.  釜石署などは15日、窃盗未遂の疑いで、いずれも自称で大槌町新港町の会社員(43)を現行犯逮捕した。

     逮捕容疑は同日午前7時35分ごろ、釜石市大町2丁目の岩手銀行はまゆり支店内で、現金自動預払機(ATM)をバールのようなもので壊し、現金を盗もうとした疑い。

     県警によると、同支店は津波でドアやガラスが破損し、店内に自由に出入りできる状態だったという。通行人が目撃し、付近にいた警察官に伝えた。



     


  4. 「政府は最悪の状況を前提に情報開示してほしい」とは、社会人が必ず言われる「締め切り遅れそうなら前もって言ってくれ。何も言わずに遅れるのが一番困るんだよ」と同じ。政府は俺と同じ過ちを繰り返さないように


     


  5. 関係ない人が不安がるエネルギー損失は実に大きく,情報に踊らされる可能性も高い.日に一回黙祷してそれに思いを凝縮して,あとはバリバリ働く方が社会のためになるんだろうね.


     


  6. 仮に首都脱出なんてことになったら、
    100%車なんて使えないから
    連休の渋滞なんて比じゃない
    事故や故障で車線を塞ぐ人が出てくる
    最終的に歩くしかないべ


     


  7. ガソリン入れた所でみんなが非難しだす時には
    大渋滞で車なんて役立たないのに


     


  8. 異常事態にあって、理知的に見える装いで、「安全」「安心」「問題ない」「大丈夫だ」「不安は不合理だ」という言葉を使う人間を徹底的に無視をしなければならない。しかも専門外で、現場を見ることなく、Twitterで解説するアームチェア「専門家」は特に。>自分
    — 

    Twitter / @Yuta Kashino (via kogumarecord)

    「専門外で現場も見ていない人」は「専門家」じゃないし普通に無視なんでは。

    (via nakano)

    (nakanoから)



     


  9. ロイターが流した「放射性物質が東京へも…」と警告したThe Union of Concerned Scientistsの信頼度はどうだろ。サイトを見たが原発や放射能の専門家ではない様子。Wikipediaには批判も。 http://bit.ly/dUwAAg #jishin


     


  10. 世界測地系と座標変換,日本測量協会,東京,174ページ,(2002年4月18日刊行

    「21世紀の測量士・位置情報ユーザ・プログラマーのために」

    座標変換や測量について,あらかじめ知識のない初心者の方にもわかりやすいように解説されています。1600円(税込)

    第 1 章 基 礎 編
      1.1 座標系とは
      1.2 楕円体とは
      1.3 三次元直交座標系
      1.4 三次元のベクトル
      1.5 座標系と楕円体の関係 → 三次元直交座標系と回転楕円体
      1.6 同じ場所の地理座標(緯度・経度)が異なった数字で表される2つの理由
      1.7 座標系の方向の決めかた
      1.8 座標系と楕円体を切り離して考えるとわかりやすい
      1.9 地理座標値から三次元直交座標値の換算(楕円体換算)
      1.10 三次元直交座標値から地理座標値の換算(楕円体換算)
      1.11 標高は[座標系,楕円体]に依らない
      1.12 3種類の高さ
      1.13 間違いやすい・まぎらわしい
      1.14 地理座標値から地理座標値への変換方法

    第 2 章 座 標 系 と 座 標 変 換
      2.1 座標変換式
      2.2 実際の座標変換例
      2.3 座標変換パラメータの数
      2.4 逆方向の変換の変換パラメータ
      2.5 座標変換とは何か?
      2.6 7つの座標変換パラメータによる座標変換
      2.7 3つより7つの変換パラメータが良いとは限らない
      2.8 固い(精度の高い)測地網(多面体)を作れば自由自在に座標変換が可能
      2.9 座標変換で残すべき情報
      2.10 「WGS-84」とのつきあい方
      2.11 IERS
      2.12 重要な座標変換パラメータ
      2.13 座標変換プログラムセット trns96 (HP-UX10.01版,SunOS5.x版,LINUX版,  Windows95 DOSターミナル版)
      2.14 GUI座標変換プログラム trns99 for Windows95
      2.15 tky2wgs for Windows
      2.16 座標変換プログラム,座標変換パラメータの使い分け方
      2.17 バイリニア補間法(Bilinear Interpolation)
      2.18 地域毎の座標変換パラメータ(tky2wgsの場合)
      2.19 地域毎の座標変換パラメータ(TKY2JGDの場合)
      2.20 [日本測地系2000:GRS80]と [日本測地系:ベッセル楕円体]の関係

    第 3 章 楕 円 体
      3.1 色々な準拠楕円体(回転楕円体)とそのパラメータ
      3.2 各国の準拠楕円体
      3.3 GRS80楕円体について
      3.4 楕円体投影計算で残すべき情報

    第 4 章 座 標 系,楕 円 体 の 応 用
      4.1 ベクトルの座標変換
      4.2 GPS静的測位におけるバイアス
      4.3 GPSやVLBIの基線解析
      4.4 任意の座標系,楕円体上のジオイド高
      4.5 ジオイド高一定の範囲
      4.6 地球は丸いⅠ
      4.7 地球は丸いⅡ
      4.8 緯度,経度だけの座標変換をどうするか?
      4.9 GPS電子基準点の座標値
      4.10 地球重心系の利点
      4.11 3パラメータの利点

    第 5 章 世界測地系になってかわること  ITRF座標系,GRS80楕円体の世界
      5.1 「世界測地系」と「測地成果2000」
      5.2 楕円体に関わるパラメータ
      5.3 平面直角座標値(X, Y)を地理座標値(B, L)に換算する際に使用する係数
      5.4 弧長
      5.5 日本の領土は狭くなる?
      5.6 方位角は変わる

    第 6 章 座標系に関連するプログラム
      6.1 平面直角座標値と緯度経度の換算を行うプログラム XY2BL for Windows 95/98
      6.2 UTM座標値と緯度経度の換算を行うプログラム UTM2BL for Windows 95/98
      6.3 日本測地系と日本測地系2000の変換を行うプログラム TKY2JGD for Windows 95/98
      6.4 ジオイド高データの座標系:楕円体を変換するプログラムJGEOIDTRN97 for Windows 95/98
      6.5 ジオイド高データの座標系:楕円体を変換するプログラムGEOID2001 for Windows
      6.6 2点間の距離を計算する関数geodesic.c,eliptic.c,および,プログラムgeo2000 for Windows
      6.7 座標変換プログラムセットtrns2000